未経験者の転職においてアピールする材料を探す方法

転職とは一度社会人になって経験を積んだ人が行うものです。働いた経験のない新卒者や既卒で働いた経験の無い人が、就職活動を行うことを転職とはいいません。したがって、転職では即戦力が求められ、自らが行ってきた経験を次の会社でどのように活かせるか、がアピールの重要なポイントになります。

では、未経験の職種に就くことは出来ないのか?全くそういうわけではありません。経験したことのない職種に鞍替えする人は数多くいます。例えば、販売接客をやってきた人が営業として就職する。あるいはIT業界でエンジニアとして働いてきた人が、IT業界で営業に就く等、未経験の職種でも就職を成功された、事例は数多くあります。しかし中途採用はあくまでも即戦力が基本です。上記で挙げた例でも例えば、販売から営業なら対顧客との折衝という部分では、職種が変わっても本質的な仕事の考え方は一緒です。IT業界のエンジニアから、IT業界の営業の例では、むしろ、エンジニアとして現場経験を積んだことで、営業としても現場を知っている事で、より的確な提案が顧客に対して行えるのではないかと思います。このように、本質的な仕事の考え方や、特定の業界経験で活かせる部分があれば、面接の際のアピール材料が出来るので、経験が無くとも就職を成功させるチャンスは十分にあります。

また、企業は経験もさることながら、それ以上に長く勤められるかを重視します。応募職種に対する志望の動機を明確に伝えることが出来れば、前職との経験の関連性がなくとも、転職を成功させる可能性は十分にあると言えます。


Copyright(c) 2017 失敗なし!未経験の職種への転職方法 All Rights Reserved.