未経験の職種・業界への転職について

未経験の職種・業界への転職についてご説明します。一般的には実現は難しいと言われていますが不可能ではありません。まずは社会経験があるかどうかです。社会経験とはある程度の雇用形態で継続して勤務を行ったことがあるかどうかです。できればアルバイトよりも正社員や正社員に近い形式が良いとは言われています。そのお仕事内容とは異なる未経験の業界や職種へ転職する理由をまずは考えておきましょう。夢だから、楽そうだから、お金になるから、というのは現実的ですが、書類審査や面接では別の言葉で言い表しましょう。また、なぜ今まで勤めていた業界や職種を離れることになるのかも理由を考えておく必要があります。

未経験のスタッフを転職で雇用するのは、会社側にとっても大きな賭けになります。なので未経験者を雇用する理由を会社側でも考えて採用・不採用を決定するわけです。例えば、未経験だけど実務に役立つ資格を取得している、雇用形態は正社員じゃなくともまずは契約社員でも問題ないかどうか、などです。会社において人件費は大きく会社運営を占める経費です。自分自身がその価値を生み出せるかどうか、考え戦略を練って書類審査や面接に臨んだ方がよいでしょう。厳しいことばかり述べましたが、未経験でも短期間で立派に中枢スタッフになった知り合いや、別業種からの転職だからこそ新しい目で業務を遂行できるとして転職先から高い評価を得ている人も多くいます。希望に合う転職先が見つかるといいですね。


Copyright(c) 2017 失敗なし!未経験の職種への転職方法 All Rights Reserved.