未経験の転職のメリットとデメリットについて

転職する際にその業種について未経験の場合は大歓迎と書かれてある場合がありますが、では未経験でないものは転職することができないのかといえばそうではありません。逆に経験がある人ほど採用される会社もありますし一概には未経験だからいい未経験だから悪いというわけではないのです。未経験で良いメリットはその仕事について何ら知識がないので新しく仕事覚えることになりいちから素直に覚えることになります。最初は仕事がきついかもしれませんが吸収していく力はやはり未経験の方が早いのです。

未経験のデメリットとしては何といっても仕事が遅いということです。初めての仕事ですので遅いのは当然なのです。しかし使い物になるかならないかはある程度時間が経ってみないとわからないので未経験を採用する会社はその点がリスクとなるのです。この点経験を積んだ人はすぐにその仕事に従事することができ、会社としてもリスクが少ないのが大きな特徴ですが、逆に知識があるばかりに会社が求めている仕事量を十分にこなさず要領よく対処する人もいるのでその点は会社にとってはデメリットになります。

ですので、転職する際に未経験大歓迎と書いてあっても経験を積んでる人間だからダメなのかはなく、あくまで心機一転がんばるつもりで入れば、そのやる気を買ってもらえるでしょうし、経験者歓迎となってある会社でも未経験のひとはダメなのかといえばそうではなく一生懸命仕事をしてできるだけ早く一人前なるという強い意志を表せばする会社は採用してくれるはずです。会社は本人のやる気が欲しいのですから。


Copyright(c) 2017 失敗なし!未経験の職種への転職方法 All Rights Reserved.